ご利用者様にとって一番良い人生を過ごすお手伝いができるよう医療との連携をしっかりと行います

えにしの訪問看護

訪問看護サービスとは

 訪問看護とは、かかりつけ医師の指示のもと訪問看護ステーションより看護師等が訪問させていただき、ご自宅で療養されているご利用者様が、住みなれた自宅で安心して快適な療養生活が送れるよう支援するサービスです。
 介護保険を利用する場合(介護認定結果が出た方が対象)はケアマネジャー(介護支援専門)が作成するケアプランに基づき、症状の観察、服薬管理・指導、床ずれ予防・処置、ご家族への指導・介護相談、カテーテルの管理、終末期ケア、ご自宅での看取りなどのケアを行います。

こんなとき訪問看護が力になります

訪問看護が力になります お問い合わせ

介護保険利用のながれ

要介護認定の無料申請代行

サービスのご利用には、介護が必要な状態であることの認定を受けることが必要です。先に病院で診断をお受けいただいてからの申請となります。代行は無料です。

    申請に必要なもの :

  • 要介護支援認定申請書(用紙は当事業所にあります)・ 印鑑
  • 介護保険被保険者証
  • 健康保険被保険者証(第2号被保険者の場合)
ケアマネジャー訪問

ケアマネが自宅を訪問し、心身状況などについて、本人・ご家族から聞き取り調査をします。その調査結果を元に区役所が審査します。

要介護度の認定

ケアマネの訪問調査の結果に基づき、自治体の介護認定審査会で、どれくらいの介護が必要とするか判定します。

     
  • 要介護1~5と認定された方 :介護保険の介護サービスを利用できます
  • 要支援1・2と認定された方 :介護保険の介護 予防 サービスを利用できます
  • 非該当の方 :介護保険の対象となりませんが、市町村などが行う介護予防事業の支援・サービスが受けれます。
ケアプラン作成

訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に従い、必要なサービスをご提供します。

ケアプラン作成
  • 要介護1~5と認定された方
    ケアプランに訪問看護を組み入れ、居宅サービスで訪問看護を受けることができます。
  • 要支援1・2と認定された方
    地域包括支援センターで介護予防サービス計画(介護予防ケアプラン)を作成します。
    ※居宅支援事業所より包括支援センターへ紹介・引継ぎします。その後に 介護予防サービスで訪問看護を受けることができます。
 
要介護・要支援認定で「非該当」となったときは・・・
医療保険で訪問看護サービスが受けられます。かかりつけ医の「訪問看護指示書」の交付があれば、必要な訪問看護を医療保険で受けることができます。
ご契約

サービス内容が決まったら、サービス事業所や施設との利用契約をします。

専門スタッフによるサービス開始

ケアプランにもとづいたサービスを利用します。サービスの利用者負担は原則、費用の1割です。 介護保険のサービスの有効期間は、原則として申請後6ヶ月です。引き続きご利用される際には自治体窓口に更新手続きをいたします。

お問い合わせ
サービスご利用のながれ 訪問看護サービスのながれ 訪問介護サービスのながれ 障がい者総合支援のながれ ケアプラン申請のながれ
足立区で成年後見人問題などでお困りの方を支援する【えにし法律援助支援サービス】
えにしこどもプラス 近日オープン
えにしのスタッフ大募集
第三者評価結果について
えにし事業所のご案内
神明事業所

〒121-0051

東京都足立区神明1-6-2

電話:03-5856-2950

FAX:03-5856-2970

神明事業所地図
えにし訪問看護リハビリステーション

〒121-0051

東京都足立区神明1-6-2

電話:03-5849-2910

FAX:03-5856-2970

訪問看護ステーション地図
辰沼事業所

〒121-0054

東京都足立区辰沼1-9-14

辰沼マンション102

電話:03-5856-2910

FAX:03-5856-2920

辰沼事業所地図
弘道事業所

〒120-0013

東京都足立区弘道2-13-28 1F

電話:03-6807-2912

FAX:03-6807-2913

弘道事業所地図
-->